日本人向けのオススメ業者「24オプション」についての情報をまとめました。

24オプションやその他バイナリーオプション業者の口コミ・評判・ランキング

24OPTIONという業者やその他の業者の比較ランキングサイト

用語解説2

読了までの目安時間:約 9分

 

評価損益とは

バイナリーオプションとは、初心者でも始めやすい外国通貨取引の一種です。その仕組みを簡単に言えば、トランプの「ハイ&ロー」のトランプが通貨に代わっただけです。

バイナリーオプションの評価損益とは、ある時点のレートで未決済のポジションを評価して、いくらの含み益、もしくは含み損が出ているかを表示したものです。

また、ポジションとは、新規売買を行って、現在保有している未決済の通貨を指します。「建玉」ともいわれます。

 

バイナリーオプションにおけるブローカーとは

バイナリ―オプションにおける選び "バイナリーオプションとは、外国通貨取引の一つです。

そのうち、満期における当該通貨の為替レートが一定価格以上となるのか、それとも一定価格未満となるのかを予測して行う取引です。
そして、ここに言うブローカーとは、簡単に言えば収益の値を決める業者のことを言います。

わかりやすいたとえで言うと、ブックメーカーのオッズを決める立場の業者のようなものと言えばよく理解できるでしょう。
したがって、利益を上げるかどうかにとってブローカーの選び方も重要です。

ファンダメンタルズとは

ファンダメンタルズとは、その国の金融政策や経済指数などのことを差します。経済の基礎的条件と訳されます。

毎月多くの経済指数が発表されているので、情勢によっては通貨の価格が大きく動くことがあります。

バイナリーオプションは価格の変動方向を予想することが大切なので、ファンダメンタルズ分析をすることはとても重要です。

反対にチャートの動きから売られすぎや買われすぎなどを分析することをテクニカル分析と言います。
注文方法の一つにマーケット注文があります "バイナリーオプション取引では、取引開始から注文終了までの期間内であれば、新規の買付・売付取引、途中清算が可能となります。

 

マーケット注文とは

マーケット注文とは、注文した時点での価格を注文価格として発注するもので、注文価格と同一もしくは取引において有利な価格です。

取引において、不利となる価格で注文が確定されることはありません。
場合によっては、成行注文と呼ばれることもあります。自身の指定した価格で注文をする場合は、指値注文となります。

 

バイナリーオプションのマージン(証拠金)とは

バイナリーオプションとは、為替金融商品の一つで、為替の値動きにによって損益がでます。

一定期間後の増減を予想して取引を行うので損益は値幅によって固定されています。
マージン(証拠金)とは、レバレッジという考え方があり、取引を行うために準備が必要なのです。
しかし、外貨オプション取引では、新規取引は購入のみが可能となっていますので取引による最大の損失額は購入金額と同額にとなっていますので証拠金が必要ではありません。

 

マイナー・カレンシーとは

マイナー・カレンシーとは、メジャー通貨以外の通貨のことです。

バイナリーオプション取引に使われる用語の一つにマイナー・カレンシーがあります。
マイナー・カレンシーとは、頻繁かつ大量に取引されているメジャー・カレンシー以外の通貨のことを指し、一般的に新興国と呼ばれる国の通貨のことを言います。
マイナーは、取引量・取引参加者が少ないことから、値動きが大きくなるのが特徴です。
メジャーほどの安定感は望めないものの、金利は高く設定されていることが多いです。

 

メジャー・カレンシーとは

メジャー・カレンシーとは、主要通貨のことで信用力は高いです。

バイナリーオプションは相場が円高になるか円安になるかを予想する金融商品のことで、数多くある投資の中で少ない金額で初心者でも取引できるのが特徴です。
メジャー・カレンシーとは、市場での取引量・取引参加者が多い通貨のことを指し、米ドル、ユーロ、英ポンド等が挙げられます。
メジャー・カレンシーは、主要通貨であるため信用力が高く、値動きも比較的安定しています。主要通貨ではない通貨はマイナー・カレンシーと呼ばれます。

 

バイナリーオプションにおける約定とは

約定とは売買が成立したことを差します。インターネットには通信速度があるため、実際に画面に表示されている価格と現在の価格に誤差が生じることがあります。

特に重要な経済指数が発表されたタイミングではその差が大きくなることがあり、購入しようとしたバイナリーオプションの価格が実際のものと大きく違うと、システム側でそれを検知し、約定を拒否することがあります。約定を拒否するかどうかはそのブローカーのシステムによります。

ヨーロピアン・オプションとは

バイナリーオプションのヨーロピアン・オプションとはオプション精算のことを言いオプションの買い手が権利行使可能になります。
これはあらかじめ設定されている満期日のみとなる為、アメリカンタイプと比べるとオプション料を安くする事が出来ます。
アメリカンタイプでは期限前でも精算は可能となっていることを言い、オプションの権利行使価格よりも原資産の価格が有利な状態になります。
ヨーロピアンスタイルでは逆に満期まで待たないと権利行使が出来ない状態となっています。

 

リスク管理について

バイナリーオプションはこの方法は誰でも手軽に始められるのが魅力です。投資なので当然リスクが出てきますが、なるべく損をしないようにリスク管理することが大切です。
リスク管理とは、バイナリーオプションのメリットである短期投資商品であることや、市場の値動きが小幅な時でも利益を生み出せることを利用して取引をすることです。

株式のように長期投資には向きませんが、投機には向いている商品です。

 

流動性

バイナリーオプションは流動性のない時間帯でも利益が出せます FXは価格変動が大きければ大きいほど利益(損失)の額が大きくなります。

しかしバイナリーオプションは決まった期限にオプションの権利を行使できる権利自体を売買しているため、流動性の少なく価格変動がない時間帯や商品でも利益を上げられます。

流動性とは取引参加量のことをさします。参加者が少ない場合、急に価格が大きく変動するリスクがあります。流動性の多い商品は大口の注文が出ても大きく値が変動することが少なく、安定した価格を維持しやすくなっています。

ロングポジションとは

FXの派生金融商品であるバイナリーオプションには、売りと買いのふたつのポジションがあります。

そのうち、ロングポジションとは、値が上がると予測したときに取るポジションとなります。

バイナリーオプションの場合、購入時より定められた時間の経過後に為替の値が上がっていれば利益を得られることになります。

逆に下がってしまった場合には、購入資金はそのまま没収となります。これがこのオプションのハイローと呼ばれるシステムです。

ロスカットとは

ロスカットとはバイナリーオプションで、証拠金以上の損失にならないようにすることを言います。これを行うメリットは自分が決めた額以上の損益が出ないことです。
ロスカットになるのを避けるには2つの方法があります。
まずは証拠金を増やすことと、2つ目は一部の建玉を決済することになります。

ロスカットをするかしないかは個人の判断で決めます。
ロスカットはあらかじめ設定しておくことで、自動で行ってくれるので便利です。

ロイターニュースとは

かつてイギリスに本拠を置いていた通信社でユダヤ系ドイツ人のポール・ジュリアス・ロイターが設立した情報提供企業です。

現在のロイターニュースは、金融情報の提供やそれに付随する事業に関するニュースが大きいくなってきているようです。

バイナリーオプションという言葉を耳にされたことがあるかと思いますが、これは外国通貨取引の一種です。

バイナリーオプション取引のハイ・ローも、株式やFX取引などのように上昇するか下落するかを予測して値動きに応じて利益や損失を確定します。損益の金額は値幅によって変動せず固定されます。

「24オプション」の口座開設方法

読了までの目安時間:約 5分

 

日本国内のトレーダーの間でも安定的な人気を誇っているバイナリーオプション業者が「24オプション」です

 

サポート面も充実しており、初めて取引を行うという人でも安心です。

さらに、お得なボーナスやキャンペーンが随時開催されており、運用資金以上の取引を行うことが出来る場合もあります。

取引を始める前に、口座を持っていないという人は口座を開設する必要があります。

口座開設方法は、まず24オプションの公式ホームページにアクセスします。

top1[1]

そのページの中の無料口座開設を選択しクリックします。

24242424[1]

なお、口座を開設するためには、メールアドレスが必要となりますので、事前に準備しておくようにします。

画面の指示に従い、必要事項を入力します。

36[1]

すべて入力し終わったら、「口座を開設する」という所を選択します。

24kouza2_21[1]

これにて、登録手続きは完了です。

登録したメールアドレスに今後取引を行う上で必要となるユーザー名・パスワードなどが届きますので、大切に保管するようにします。

24mai[1]

口座開設後、入金をすることですぐに取引を行うことが出来るようになります。

国内業者であれば、身分証の提示や審査を受ける事になりますが、海外業者ですのでその必要はありません。

 

バイナリーオプションの危険性などについてはコチラで確認出来ます。

 

 

初心者が口座開設をする時の注意点

 

バイナリーオプションは二者択一のシンプルな為替取引ですので、為替や経済の知識がなくても参加できます。

 

手軽にできるのでこれまで人気だったFX取引よりも、最近は注目を浴びています。しかし誰でも手軽に参加できるだけに、取引に参加するには注意が必要です。

 

バイナリーオプションを扱っている多くはFX業者ですので、まずそれらの業者に口座開設をする必要があります。

 

注意点としては、これらの業者がどのようなサービスを提供しているかを知ることが大事です。

手数料や投資金額なども業者によって違いますし、取引で収益が出た場合にはどうやって引き出せるのかなどを調べておくべきです。

 

海外の業者に口座開設する場合には、国内の銀行と提携しているところを選んでください。

 

名前の知られた大手の業者なら間違いありませんが、インターネットの業者比較サイトを見て、自分に合ったサービスを提供してくれる業者を選んで下さい。
また口コミなどを読むと、業者のメリットやデメリットが出ているのでとても参考になります。

基本的な注意点としては、収益の出たお金をいつでも簡単に引き出せるかどうかが重要です。

 

業者によってはルールがあって、簡単に引き出せないケースもあります。

収益金を安全に確保するためには、簡単に引き出せて自分の銀行口座に移せることが大切なのです。

 

簡単に引き出せないでネット上にお金を置いておくと、もしトラブルが起こった場合に引き出せなくなる可能性があります。特に海外の業者に口座を開く時には注意が必要です。

 

また初めての人は、デモ取引ができる業者に口座開設することをおすすめします。

デモ取引というのは、実際にお金をやり取りするのではなく、仮想マネーを使ってバイナリーオプションのトレーニングができるのです。

 

このデモ取引で十分に練習してから、実際の取引に参加した方が失敗は少なくてすみます。

デモ取引ができる業者はいくつかありますから、初心者はこのような業者に口座を開くと上手な取引ができるようになります。


その他の業者の口座開設についてはこちら。

1 2 3 9